転職に興味をお持ちの方へ☆MR.お〜!がお届けする転職サポートメディア☆☆

口コミや評判もありますが…編集長から見たビズリーチの活用法

転職のプロ集団たち

転職のプロ集団でもある転職エージェント各社を解説するサイトが沢山あります。それぞれ良い面悪い面をとらえて掲載していますが、こちらのページでは編集長のMr.お~!の取材能力プラス経験を加え、転職エージェント会社の活用法として紹介させていただきます。

今回は高収入転職での実績に定評があるビズリーチの活用法について解説いたします。

ビズリーチの欲しがる人材の本質

  • 公開求人数122,000件
  • 採用企業数(累計)11,900社
  • 登録ヘッドハンター数3,800人

この数字を見て、どう思いますか。ビズリーチは高収入を狙っている人専門と言っても過言ではない転職エージェントです。

先に一番重要な要素を申し上げておきますが、ビズリーチを使い転職する人は「自分に投資が出来る人」がベストです。完全無料を謳う転職エージェントがほとんどの中で、ビズリーチは登録こそ無料ですが、有料での利用になります。

一部、無料チケットなどのサービスもあります。私自身もビズリーチを使ったことがありますが、自分に投資が出来ませんでした。ただ一度だけ無料チケットをもらい、面接まで進んだ経験もあります。

繰り返しますが「自分に投資が出来る人」はビズリーチを使って転職活動をするべきです。

その理由は、この後述べたいと思います。

ビズリーチ長所

求人の質の高さ

ビズリーチの特徴は、公開求人数の多くがハイクラス(高収入)を約束する求人企業ばかりです。

求人の質の高さだけを見ても、これだけハイクラス求人案件を揃えられる転職エージェントは、ビズリーチを置いて他にありません。求人企業検索は無料登録の範囲で可能ですからのぞいてみてはいかがでしょうか。

ヘッドハンター制

ビズリーチの大きな特徴は、ヘッドハンターの数になります。

3,000名を超えるヘッドハンターが高スキル社員を探しているわけです。自分に自信がある人なら、そのヘッドハンターの目に留まるはずです。自分の市場価値を試す意味でも登録してみると良いでしょう。

年収1,000万円は夢じゃない!

なぜ転職を考えているのでしょうか。今の職場が嫌いだから。上司と合わないから。自分の能力ならもっと収入をもらってもいいはず。理由は様々でしょうけれども、ビズリーチを使う人は夢を持って転職活動してください。

年収1,000万円は決して夢の世界の話ではありません。営業職の案件が多いのは事実ですが、専門職でも十分年収1,000万円を狙える求人が多数あります。

1,000万円プレーヤーと言われる日を想像したら、ワクワクしてきませんか。

ビズリーチの短所

ヘッドハンターからの連絡待ち

ビズリーチの長所が短所になることもあります。私は学歴がありませんでしたから、スカウトメールはあまり来ませんでした。無料チケットを使っていた時に1件だけスカウトメールが来たのを覚えています。その企業は最終選考まで進みましたが、結果は不採用でした。

転職を急ぐ人には向かないエージェント

私はフリーランスになった頃、まだ今よりも規模が小さかったビズリーチに登録しました。「いい条件があれば」と気長に転職活動していましたから。その時に感じたことは「急いで転職したい人には向いていない」と言うこと。理由は最後に述べます。

高収入を狙うからこその短所

年収1,000万円を目指して転職したい。そう仮定して考えてみましょう。問題は社員に年収1,000万円支払える企業体力です。こうした企業体力を持つ会社の多くは大都市圏に集中してしまいます。地方都市にないとは言いませんが、大都市圏に偏るのも事実です。

歩合制の給与形態であれば、地方求人でも高収入案件は想定できます。管理職や技術職になると厳しくなってしまうのはビズリーチの問題ではなく、日本経済の構造上の問題です。その点は頭に入れて転職活動を進めて下さい。

ビズリーチの口コミや評判を分析

ビズリーチの口コミの悪い面を総評すると「自分の能力と求める年収に差がありすぎる」人のガッカリした口コミを数多く見かけます。

サイトのTOPページにある通り、求めているのは即戦力。他の転職とは違い、スタートから高収入を得られるわけです。求める企業側も高い人件費を支払うわけですから、そのニーズに応えられないスキルの人にとっては、向かない転職エージェントになります。

良い口コミも多数拝見しましたが、やはり読めば読むほど「求職者の本気度が試されている」と思います。毎月定額の利用料を支払うわけですが、それに見合う情報提供はしてくれます。

自分の中で利用期間を半年または一年と決めて使うこと良いでしょう。

また有料エージェントだからでしょうか。使い勝手の面では他の高収入に特化した転職エージェントよりも高評価を得ていましたのでご紹介します。

まとめ

ここでビズリーチをおすすめ出来る人を列記してみたいと思います。

  1. 高収入を狙える企業への転職希望者
  2. 即戦力として働ける管理職希望者など
  3. 高い技術力などの資格を有する人

※全て転職を急がない人が前提です。

私の経験から言わせて頂くと、優秀な人ほど現職も簡単には辞めさせてくれません。

仕事が出来る人は会社にとって必要な人材だからです。その重要な人材のあなたが退職届を出せば「ちょっと待ってくれ!」なんてこともあるかもしれません。

会社を辞めるケースの中には、就業規則の主張だけで済まないこともあります。だからこそビズリーチを使うハイクラス企業への転職には、時間をかけて転職活動を進めて頂きたいと思いました。

もちろん自分の市場価値を、納得できる収入で評価してくれない会社に長く勤めたくない気持ちも分かりますが、円満退社できる環境を想定の上でビズリーチを使ってください。

私の目線はきっと他の人とずれているかもしれませんが、ビズリーチを使って転職する人は将来有望な仕事が出来る人だと思います。それだけに転職までのスケジュール管理は抜かりなく進めて下さい。

仕事が出来る人は円満退社も上手にするもの。今いる会社と円満な関係で次のステップに進んで夢を実現できる人になって欲しいと思います。

編集長から見たハイクラスの転職に特化した、おすすめの転職エージェント

ビズリーチ

ビズリーチ

対象世代
ミドル世代、30代、40代の転職がメイン、20代△
対象エリア
全国
対象者属性
年収500万以上向け、フリーターNG、未経験△
特徴
高収入、キャリアUPの転職
長所
ヘッドハンターによるキャリアUP、収入UPの実現
短所
無料版であるスタンダードプランは一部機能に制限あり、すべての機能が使えるプレミアムプランは有料になる。(月額2,980円~)

自分の力をもっと高いレベルで発揮したい。高収入の世界に挑戦したい。思いは人それぞれだと思います。ビズリーチはレベルアップしたい人が使うべき。高収入を得たいと本気で考えてる人が使うべき転職エージェントです。あなたの本気度が試されます。

無料登録はこちら

JACリクルートメント

JACリクルートメント

対象世代
ミドル世代、30代、40代メイン、20代も可能
対象エリア
全国
対象者属性
未経験NG、フリーターNG
特徴
管理職、専門職、高収入、キャリアUPの転職
長所
両面型の転職エージェント(求職者と求人企業の両面を担当)
短所
しいて挙げれば外資系(発祥はイギリス)の企業

外国の転職事情はご存知でしょうか。外資系企業の多くは実力が全てと言った社風です。
出来る人間は評価、出来ない人間は…。転職エージェントの発祥が外国だけに、実績企業も外資系が多く見受けられます。実力が全ての世界で自分の能力を発揮したいと思った人におすすめする転職エージェントです。

無料登録はこちら

キャリアカーバー

キャリアカーバー

対象世代
ミドル世代、30代、40代の転職
対象エリア
全国
対象者属性
ハイクラス人材、フリーターNG
特徴
リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員性転職エージェント
長所
ヘッドハンターを選べる点と、ヘッドハンターからの連絡を待つだけでOK
短所
ヘッドハンター任せのサービスが苦手な人には抵抗があるかも?

年収600万円以上からの求人、転職者の平均年収も800万円を超えています。年収1,000万円の世界が見えてくる転職が望める転職エージェントです。
ヘッドハンターによる非公開求人先からのスカウトを待つだけですので、忙しい人、転職を急がない人などはこのサービスは向いていると思います。

無料登録はこちら

編集長MR.お~!から転職エージェント活用の心得え

  • 転職エージェントは一つに絞らずに複数の転職エージェントを利用すること!!
  • 労働条件や業種、職種、年収など希望をまとめておくこと!!
  • 転職完了まで通常3~6カ月程度かかることを理解しておくこと!!

ご自身のキャリアを見直したい方や今の職場の環境や労働条件にご不満ある方、また転職にご興味ある方、まずは転職のプロに無料相談してみましょう。

おすすめ関連記事