転職に興味をお持ちの方へ☆MR.お〜!がお届けする転職サポートメディア☆☆

実体験から解説:転職エージェントの活用法

転職のプロ集団たち

このサイトを見に来ていただいている方は、転職について考えている人、もしくは転職を決めて活動している人だと思います。ネット上には転職にまつわる様々な情報が飛び交っていますが、こちらのコラムでは編集長のMr,お~!の実体験を中心に解説しています。

今回は転職エージェントの活用方法について解説させていただきますのでご覧ください。

転職エージェントは何をしてくれるところなの?

私自身、5社の転職エージェントを活用したことがあり、1社ですがアルバイトをした経験を持っています。使う側、そしてサービスを提供する側の二つの目線で、転職エージェントが何をしてくれるところなのかを解説します。

転職エージェントとは人材紹介サービスのひとつです。求人サイトやハローワークとは違い、あなたの転職活動をプロとしてサポートしてくれる企業です。サイトから登録を済ませると、あなたの転職活動をサポートする担当者が決まります。

担当者と言いましても、転職サービスを提供する企業により呼び方が異なってきます。

  • キャリアコンサルタント
  • キャリアアドバイザー
  • ヘッドハンター など

求人サイトを使い一人で転職先を探すのとは異なり、あなたの転職活動をより充実した結果につながるよう、サポートするサービスを提供しています。

転職エージェントって複数登録していいの?

結論から申し上げますと、複数の転職エージェントに登録しても構いません。多くの転職エージェントは求職者に対して無料でサービスを提供しています。転職エージェントの収益源は、求職者を紹介する企業からいただくビジネスモデルです。

求人サイトとは違い、転職エージェントは各社それぞれで非公開求人情報を持っています。

人気の企業が求人情報を掲載すると募集が殺到し、企業側も手間や時間を割かれるなどのデメリットがありますから。優秀な人材探しを転職エージェントに預けているわけです。

転職エージェントへの登録が無料だからと言って、片っ端から登録するのは手間も時間も管理も大変です。そこで転職エージェントへの登録ポイントを列記したいと思います。

登録のポイント

  1. 自分の年齢に合った転職エージェント、女性の場合は女性の転職に特化した転職エージェントを選ぶ
  2. 幅広く求人案件を抱える転職エージェントを選ぶ
  3. あなたが転職したい業界に特化した転職エージェントを選ぶ

上記を目安に男性で2社、女性の場合は3社登録するといいと思います。面倒ならまずは自分がいいと思う所から登録してみて下さい。登録の手間そのものは大変かもしれませんので、お休みの日に時間を使って登録するといいでしょう。

私も登録するたびに職務経歴やら履歴データを入力することに疲れましたが、何枚も履歴書を書き続けていた時よりはいいと思いながら、休みの日に登録しました。続いて複数登録する理由も列記します。

複数登録する理由

  1. 転職エージェントにより、求人情報の内容に差がある
  2. ターゲットを絞った転職エージェントのサービスの質は比較的求職者向き
  3. 担当者の質の問題もあり、多少の競争の原理は必要

転職は失敗するとロスする時間は大きいです。それだけに迅速かつ確実な転職を実現するには、複数の転職エージェントに登録する必要性はあると考えて下さい。

転職エージェントの面談必勝法

さて、転職エージェントへの登録を済ませると「担当者」が決まり連絡が来ます。そして面談を求められますので、これらの面談のポイントも開設したいと思います。

企業面接とは違います

転職エージェントの担当者は、あなたが転職する先の人事担当者でも何でもありません。

それだけに背伸びをしないで本音をしっかりと伝えられる相手です。肩の力を抜いて、本音を伝えてもいい相手だと思って下さい。嘘はいけませんが。

担当者との面接情のポイント

担当者は求職者が転職すると、それが成績になります。だから何でもしてくれる人と思って対応するのは大きな間違いです。担当者も人間ですから、まずはあなた自身が担当者に気に入ってもらうことも需要です。そこでどんなポイントがあるかを列記します。

  1. なぜ転職を考え始めたのか
  2. どんな仕事をしたいのか
  3. 勤務地はどこがいいのか
  4. 年収はどれくらい欲しいのか

担当者との面談前にこれくらいの情報は整理して、ハッキリと答えられる状態にしてから面談に臨んだ方が良いでしょう。担当者も人間ですから、あなたの転職への姿勢を見て行動も変わってきます。目的意識がはっきりしていて、やる気がある人と思ってもらうことも重要です。

類選考や企業との面接日程のポイント

担当者との面談が終わると、担当者は面談でリサーチしたあなたの情報を元に、転職先としてふさわしい企業をリストアップしてきます。

これはケースバイケースですが、転職エージェントサイトに掲載される企業を自分で探してエントリーをすることも可能です。転職エージェントのいいところは「私はこの企業にエントリーしたいのですが…」と言うような相談にも乗ってもらえる点です。求人サイトなら自分でエントリーしてしまいますが、エントリー前に相談できる点は、リスク回避の観点からも良い点であると思って下さい。

あなたが望む転職先を勧めてきた担当者と協議し、あなた自身に興味があればエントリーする意思を伝えて下さい。あなたに代わって担当者がその企業へあなたの情報を提供することになります。

次に想定される問題はスケジュール管理です。あなた自身のスケジュール、複数社の面接を入れた場合の準備など、無茶なスケジュール管理は禁物です。面接経験がある人がほとんどだと思いますが、慌ただしい姿勢で企業面接に臨んでも良い結果は得られません。

こうした点でも転職エージェントを使うメリットがあります。自分の予定や状況を説明した上で、あなたがベストな状態で面接できるかどうかの判断を仰ぐことも可能です。

注意:企業への面接対策について

そしてエントリーを済ませると、転職先となる可能性のある企業への面接日程が組まれます。「頑張って下さい、それでは!」なんて言う担当者も稀にいますが、担当者と面接対策は十分打ち合わせをしておくべきでしょう。ちょっとした注意点も述べます。

面接前に確認すべきこと

  • どのような服装が良いのか
  • 女性の場合であればメイクのことも確認が重要
  • 志望動機はどのように伝えるべきか
  • 自分の職務経歴はどう伝えると印象が良くなるか

その他にも、不安に思うことが思いついたら遠慮しないで相談しておくべきです。転職はあなたの人生を大きく左右するライフイベントです。遠慮せずに悔いの残らないよう対策を取るようにしましょう。

レアケースになりますが、大量雇用を表明する企業にエントリーした時の経験をお伝えしたいと思います。CMでもおなじみのある企業が大量雇用を表明し、エントリーした時のことです。一次審査は書類選考。ここはパスしました。二次審査は企画の提案。ここもパスしましたが、この段階で応募100名超が30名以下まで絞られたそうです。

問題はここから発生します。最終面接に臨む時のことです。担当者は30名の相談を一気に受けるわけにもいかず、面接対策はセミナー形式で行われました。結果的に私は最終面接で不採用となりました。

担当者も大変なのは分かりますが、遠慮はしないでセミナー後に少しでも個別で相談できる時間を設けていれば、結果も変わったかもしれません。そのようなケースに当たった時は、一歩踏み出して個別相談の機会を得てみて下さい。

内定獲得後の落とし穴と対策

最終面接終了後、内定の連絡が来るまではどれくらいの時間がかかるのでしょうか。これはその企業によって異なります。こうした情報を持っているのも転職エージェントの担当者です。スケジュール面も確認しておきましょう。

例えばこんなケースもあるかもしれません。2社の面接をお願いしていましたが、1社目はあまり乗り気ではない企業。大本命は2社目でした。面接を同時進行で行いましたが、乗り気じゃない1社目は早々に内定獲得。2社目は中々合否の連絡が来ません。諦めて1社目に入社することを決めその旨を伝えたところ、3日後に2社目から内定通知が来ました…。

こうなると一度は入社を決めた1社目の会社を断り2社目に転職をするのですが、気まずい思いをしてしまいます。このようなケースを避けるためにも、面接を設定する時には内定が出るまでのタイムスケジュールを確認する必要もあります。

「沢山面接するのは構いませんが、複数内定が出た場合はどう対応するのでしょうか?」

積極的な担当者が面接を斡旋することもあります。内定が出るまでのスケジュールの問題も、面接日程を組む時には確認しておく方が良いでしょう。

まとめ

転職エージェントの存在は、あなたの転職をあなたが思う以上に成功させてくれる大切なパートナーです。だからと言って任せっぱなし、甘えっぱなしになっても駄目です。共に一つの目標へ向かう大切なパートナーと考えて使うことをお勧めします。

複数の転職サイトへの登録をおすすめしましたが、あなたにとってベストな転職を演出してくれる担当者と必ず出会えるわけではありません。転職エージェントを使う側の求職者自身も、転職エージェントの特徴や担当者の使い方を知っておくことは重要と心得て下さい。あなたの転職を応援しています。

まずは登録しておいた方が良いおすすめの転職エージェントはこちら

20代

マイナビエージェント

マイナビエージェント

対象世代
20代、30代、第二新卒、初めての正社員、未経験業界
特徴
20代~30代前半の世代に実績及び知名度が高い転職エージェント
長所
老舗転職エージェントとは違い、若い世代に特化した実績を持つ。
短所
ターゲット世代の人にとっては、特に短所は見当たらない。

20代に信頼されている転職エージェントNo.1ですから、20代で転職を考えている人は「とりあえずマイナビエージェントには登録」とお伝えしておきます。ベンチャー企業、中小企業も含め求人情報も豊富です。サービスの質も高評価を得ています。

無料登録はこちら

30代

リクナビNEXT

リクナビNEXT

対象世代
20代、30代、40代、50代の転職をカバー
特徴
知名度も実績も業界TOPクラス
長所
非公開求人の多さ。幅広い世代の転職に対応
短所
自分で転職を探したい人向け。オファーを待つサービスもありますが、リクルートエージェントのように担当者がどんどん提案してくる体質ではない点をどうとらえるかです。

言わずと知れた知名度抜群の転職サイトです。歴史ある会社の代表的転職サイトですから、使い勝手やサービスも充実しています。自己分析ツール「グッドポイント診断」は一度使ってみてもいいサービスです。その他にも職務経歴書サンプルも分かりやすく好評です。
無料登録はこちら

40代以上

doda(デューダ)

DODA(デューダ)

対象世代
20代、30代の利用が中心。40代以上も求人数の多さでカバー
特徴
国内では最大級の転職エージェント
長所
非公開求人をはじめ、求人数が圧倒的
短所
多くの求人企業が紹介される分、質の問題も指摘されている。

dodaする=転職する。そう言われていた時代もありました。転職サービスを提供してきた企業の歴史は長く、その実績からも求人企業掲載件数は業界TOPクラスと言ってもよいでしょう。求人数が多い反面、専門性の指摘もありますが担当者の評判も上々です。

無料登録はこちら

編集長MR.お~!から転職エージェント活用の心得え

  • 転職エージェントは一つに絞らずに複数の転職エージェントを利用すること!!
  • 労働条件や業種、職種、年収など希望をまとめておくこと!!
  • 転職完了まで通常3~6カ月程度かかることを理解しておくこと!!

ご自身のキャリアを見直したい方や今の職場の環境や労働条件にご不満ある方、また転職にご興味ある方、まずは転職のプロに無料相談してみましょう。

おすすめ関連記事