転職に興味をお持ちの方へ☆MR.お〜!がお届けする転職サポートメディア☆☆

転職エージェントとは

転職のプロ集団たち

転職エージェントの意味を説明します。

転職エージェントの意味を調べてみましたが、表現は違っても伝えたいことはこんな感じです。

企業と求職者の間に入り、適切な職業を紹介する会社

転職経験を持つ人なら想像してしまうかもしれませんが、ハローワークと同じに見えます。ハローワークも求人の閲覧だけではなく、窓口の人が企業とアポイントを取り、面接を斡旋しますから。また就業支援としての研修も行っていますし、同じイメージを持ちます。

でも少し考えてみて下さい。私は会社を経営していたことがあるので良く分かるのですが、ハローワークに登録するのは会社としてとても面倒です。だから当時は求人雑誌に掲載して手っ取り早く人材を募集していました。

転職エージェントはハローワークとは違います。プロとして企業と求職者の間に入り、双方が満足するマッチングサービスを提供しています。主にインターネットで求職者を募集し、企業側に紹介をしながら、転職が成立すると人材の紹介を受けた企業から手数料を得て会社が成り立っています。

求人サイトと同じなの?

インターネットを見ていると、転職エージェントのサイトにもたくさんの紹介企業が出ていますが、ぱっと見は求人サイトと似て見えます。ここで違いを簡単に整理してみます。

求人サイトは、一人で検索し一人で面接企業に連絡して就職活動を行うものです。

転職エージェントは、求職者と企業の間にコンサルタントやキャリアパートナー、またはヘッドハンターと呼ばれる担当者が入ります。この間に入る担当者は企業側が欲しがる人材を十分取材し、求職者には企業が求める人材としての情報や対策、中にはセミナーを実施して対策を講じる所もあります。

転職エージェントを使うメリット

特にスキルアップしたい人や収入アップしたい人は、転職エージェントを使うことをおすすめします。人気企業ほど競争率は高く、狭き門であることは明白です。転職エージェントが間に入ることで、対策や的確なアドバイスを得て面接に臨むことも可能です。

その他にも、忙し過ぎて転職活動が出来ない人も転職エージェントがおすすめです。あなたに代わり、理想の転職先を探してくれますし、この作業を変わってもらえるのは忙し過ぎる人にとってはメリットになると思います。

また正社員になったことがない人、未経験の業種への転職など、一人で考えていると諦めてしまいがちな転職を考えている人たちも、転職エージェントを使うメリットがあります。

転職はあなたの人生の大切な時間を左右する、大きなライフイベントです。一人で考えるよりも、共にあなたの転職を考えてくれる転職参謀がいるだけでも心強いと思います。

転職エージェントを使うデメリット

もちろん物事には二面性があり、デメリットもあります。これは私や私の知人が転職エージェントを使った経験ですが、コンサルタント次第で、転職先も左右される可能性も秘めています。

特にミドル世代の転職については、担当者次第で結果は左右されます。40代の転職なんかは悲劇です。はじめから「あなたの年齢では厳しい」とサッパリ力を入れないコンサルタントがいるのも事実です。

転職エージェント登録後、あなたの転職のために一生懸命にならないコンサルタントに当たる悲劇を、私は40代で経験しました。またアルバイト中も「あのオッサンは無理」「あのおばさんは無理」と影では言いたい放題のコンサルタントも見てきました。

担当者を変えてもらう、または他の転職エージェントを使うなど、転職エージェントとのマッチングミスにも注意すべき点がデメリットではないでしょうか。

転職エージェントをおすすめする理由

私が転職エージェントを使ってきた理由、そしておすすめする理由はシンプルです。一人で考えるよりも二人で考えた方がいい。二つの目で探すよりも四つの目で探した方がいい。

実際にそう思いませんか?

私自身も使った経験があり、妻の転職の時も転職エージェントをすすめて使いました。使った理由は上記に示した通りですが、私も妻も使った時はミドル世代に入っていましたし、今ほど転職エージェントが細分化されていない時代です。当たった担当者で嫌な思いをしたのも事実です。

今は転職エージェントも沢山出来ましたし、業界や世代に特化した転職エージェント、収入や待遇を重視した転職エージェントも多数見られます。特に女性の働き方を考えたサービスを提供する転職エージェントは魅力的だと思います。

こうして転職を考える人たちにとって、転職しやすい環境が整備されてきていると言って良いでしょう。

まとめ

転職エージェントは求人サイトやハローワークとは全く異なるサービスです。特に大都市圏には数多くの企業は求人を求めていますから、その情報量の多さから判断ミスをしがちなのも事実です。

一人で転職活動するよりも、転職エージェントのコンサルタント(担当者)がいるだけで、あなたの転職状況は大きく変わってきます。また登録も多くが無料ですから、お金がかかるわけではありません。

登録はタダです。転職を考えているなら、転職エージェントを使わないのは損です。

それくらい、あなたの転職戦線は転職エージェント次第で大きく変わってくると言っても過言ではないでしょう。

まずは登録しておいた方が良いおすすめの転職エージェントはこちら

20代

マイナビエージェント

マイナビエージェント
対象世代
20代、30代、第二新卒、初めての正社員、未経験業界
特徴
20代~30代前半の世代に実績及び知名度が高い転職エージェント
長所
老舗転職エージェントとは違い、若い世代に特化した実績を持つ。
短所
ターゲット世代の人にとっては、特に短所は見当たらない。
20代に信頼されている転職エージェントNo.1ですから、20代で転職を考えている人は「とりあえずマイナビエージェントには登録」とお伝えしておきます。ベンチャー企業、中小企業も含め求人情報も豊富です。サービスの質も高評価を得ています。 利用停止中
30代

リクナビNEXT

リクナビNEXT
対象世代
20代、30代、40代、50代の転職をカバー
特徴
知名度も実績も業界TOPクラス
長所
非公開求人の多さ。幅広い世代の転職に対応
短所
自分で転職を探したい人向け。オファーを待つサービスもありますが、リクルートエージェントのように担当者がどんどん提案してくる体質ではない点をどうとらえるかです。
言わずと知れた知名度抜群の転職サイトです。歴史ある会社の代表的転職サイトですから、使い勝手やサービスも充実しています。自己分析ツール「グッドポイント診断」は一度使ってみてもいいサービスです。その他にも職務経歴書サンプルも分かりやすく好評です。 利用停止中
40代以上

doda(デューダ)

DODA(デューダ)
対象世代
20代、30代の利用が中心。
対象エリア
全国
対象者属性
未経験OK
特徴
国内では最大級の転職エージェント
長所
非公開求人をはじめ、求人数が圧倒的
短所
多くの求人企業が紹介される分、質の問題も指摘されている。
dodaする=転職する。そう言われていた時代もありました。転職サービスを提供してきた企業の歴史は長く、その実績からも求人企業掲載件数は業界TOPクラスと言ってもよいでしょう。求人数が多い反面、専門性の指摘もありますが担当者の評判も上々です。 無料登録はこちら

編集長MR.お~!から転職エージェント活用の心得え

  • 転職エージェントは一つに絞らずに複数の転職エージェントを利用すること!!
  • 労働条件や業種、職種、年収など希望をまとめておくこと!!
  • 転職完了まで通常3~6カ月程度かかることを理解しておくこと!!

ご自身のキャリアを見直したい方や今の職場の環境や労働条件にご不満ある方、また転職にご興味ある方、まずは転職のプロに無料相談してみましょう。

おすすめ関連記事