転職に興味をお持ちの方へ☆MR.お〜!がお届けする転職サポートメディア☆☆

口コミや評判もありますが…編集長から見たMS-Japanの活用法

転職のプロ集団たち

転職のプロ集団でもある転職エージェント各社を解説するサイトが沢山あります。それぞれ良い面悪い面をとらえて掲載していますが、こちらのページでは編集長のMr.お~!の取材能力プラス経験を加え、転職エージェント会社の活用法として紹介させていただきます。

今回は管理職・士業特化型、転職エージェントMS-Japanの活用法について解説いたします。

MS-Japanの特徴と欲しがる人材の本質

特化型転職エージェントは様々ありますが、MS-Japanについて解説すると「管理職・士業特化型」の転職エージェントになります。特化する内容に該当する人が使う転職エージェントですから、最初の段階でよく確認しておいて下さい。

特化型の転職エージェントの中でも「管理職」と聞くと、おのずと対象は30代以上、社会人経験も10年以上のイメージになります。もちろん若い管理職経験者もいますから一概に決めることは出来ません。

続いて士業です。私はレンタルオフィスで働いていますが、周りには士業の世界で働く人がとても多いです。ただ私の周りにいる人は独立している人、企業に属して働いている人ではありません。

取材してみると正社員を目指した転職を考えている人も相当いることを知りました。やはり独立する人は資格を有する前から独立志向を持つ人ばかりです。もちろん会社組織の勤務経験もあり、同僚や先輩後輩の中には独立せずに会社組織に属することを目指す人も沢山いると聞きました。

この士業と言う分野においては、20代からでも十分活用できる転職エージェントになります。ただ調べれば調べるほど分かってきますが、管理職の転職に対する案件が多いと言ったイメージを持ちました。

MS-Japanの長所

管理職特化型と言ってもその業界は?

フリーランスの世界は管理職になることや管理されることが嫌いな人たちの集まりですから管理職はいませんが、一般的にはどの業界にも管理職はいます。ベンチャー企業ほど創業メンバーと若手だけに人材が偏り、管理職を欲しがると言う話もよく耳にします。

MS-Japanは管理職特化型の転職エージェントですが、どんな業界に強いのでしょうか。少しまとめてみましたのでご確認ください。

管理職部門 スペシャリスト 士業・資格
経理・財務 会計事務所・監査法人 弁護士(司法試験合格)
人事・総務 法律・特許事務所 公認会計士 (会計士試験合格)
法務 社会保険労務士事務所 税理士 (税理士科目合格)
経営企画・内部監査 コンサルティング USCAP(社会保険労務士)
広報 IR・マーケ・購買 金融
秘書・オフィスワーク

この表を見て、自分の転職先として検討すべき業界があれば登録してみて下さい。あなたの転職をサポートする転職エージェントとして該当する業界があれば使うべき。そうでなければ自分に合った転職エージェントを探してみる方が賢く効率的です。

業界特化型ならではの専門性の高さ

上記の一覧にある通り、専門性の高さでは高評価を得ている転職エージェントです。時々専門性に欠けた担当者に当たることもあるようですが、その時はあなた自身の深刻で担当者を変えてもらうことで解決できます。上記一覧を見た限りの感想ですが、専門性の高い転職エージェントと組まなければ転職の成功は難しいと思います。

MS-Japanの短所

専門性が高いだけに経験の浅さは不利になる

この業界で働いてみたい、こういう仕事がしてみたい。少しだけかじったことがある。こういうレベルになると、やはり転職先として紹介できる企業の幅は狭くなるようです。

求職者目線ではなく転職エージェント側の目線で例えると、これだけ専門性に特化して業績を伸ばし続けているということは、即戦力的な人材を紹介し、企業側から相当高い信用を得ていると考えられます。

事実MS-Japanは上場企業ですから、実績や成長性の高さの背景には、それ相応の人材を企業に紹介し、信頼されていると考えて間違いないでしょう。

この世界のプロフェッショナル、管理職として大きな実績を持つ、でも今の会社では評価に不満があり満足できない。もっとレベルの高いステップアップ出来る仕事がしたい。そのような強い向上心があれば、MS-Japanを使うことで転職に成功できるはずです。

専門性が高いだけに担当者の質を重視

転職エージェント以上にMS-Japanが強みを持つ業界の人たちは厳しい目を持っています。転職エージェントの担当者に遠慮をしていては、とても転職などできない世界ばかりが並んでいます。

それだけに登録後の面談で担当者の専門性に不安を感じた時は、担当者を変えてもらう方がいいでしょう。成功者たちの評価も、担当者との連携の上で成功できたという評価が多数出ていましたから。

MS-Japanの口コミや評判を分析

満足度がとても高い転職エージェント

専門性の高い担当者と高いスキルや経験を持つあなたが組めば、転職に成功できます。どちらが欠けても転職は成功できません。よりハイレベルの企業に転職したいという人、何よりも自分への自信と不安を抱えながら転職に踏み出した人を数多く成功に導いています。

MS-Japanが強みを持つ世界で2万人を超える転職者を生み出した実績は「半端ないMS-Japan」と評するに値する口コミばかりです。

優等生だけに特化しているの?

良い人材を企業に紹介し、信頼を得ているのがMS-Japanです。興味本位、浅い経験、未経験となればやはり担当者の段階で紹介される企業は絞られてしまうそうです。

あまり良い例えではありませんが「業界の優等生でなければダメなの?」と言いたげな口コミ評価も散見しました。厳しい話ですがMS-Japanが強みを持つ世界にレベルアップの転職を実現することがそもそも難しいわけです。

その難しい転職を実現させるには、精神論だけでは難しいのが現実です。管理職や士業に興味があり転職を考えているのであれば、自分の市場価値を確かめる上で登録してみるのも一つの方法です。

まとめ

転職エージェントの中でも、ハードルの高い業界と求職者をマッチングさせているのがMS-Japanだと思います。企業のリクエストが高い分、求職者が転職に成功出来れば年収UPの可能性も高いのも事実です。

サイトをのぞいてみて「挑戦してみたい」と言う気持ちが少しでもあれば、登録してみてはいかがでしょうか。MS-Japanは完全無料で利用できる転職エージェントですから。

編集長から見た管理職や専門性の高さに特化した、おすすめの転職エージェント

MS-Japan

対象世代
30代、40代、50代以上

    

対象エリア
1都3県・関西
対象者属性
年収600万以上、未経験NG、フリーターNG
特徴
経理・財務、人事・総務、法務、経営企画・内部監査、広報 IR・マーケ・購買、秘書・オフィスワークの管理職及び士業
長所
業界特化型ならではの専門性の高さ
短所
専門性が高いだけに経験の浅さは不利になる

管理職経験者となれば自ずと社会人経験10年以上の人が大半だと思います。MS-Japanは職種を絞り込んだ管理職及び士業(会計士や税理士など)と呼ばれる人たちに向けた転職エージェントです。
無料登録はこちら

ビズリーチ

ビズリーチ

対象世代
ミドル世代、30代、40代の転職がメイン、20代△
対象エリア
全国
対象者属性
年収500万以上向け、フリーターNG、未経験△
特徴
高収入、キャリアUPの転職
長所
ヘッドハンターによるキャリアUP、収入UPの実現
短所
無料版であるスタンダードプランは一部機能に制限あり、すべての機能が使えるプレミアムプランは有料になる。(月額2,980円~)

自分の力をもっと高いレベルで発揮したい。高収入の世界に挑戦したい。思いは人それぞれだと思います。ビズリーチはレベルアップしたい人が使うべき。高収入を得たいと本気で考えてる人が使うべき転職エージェントです。あなたの本気度が試されます。

無料登録はこちら

キャリアカーバー

キャリアカーバー

対象世代
ミドル世代、30代、40代の転職
対象エリア
全国
対象者属性
ハイクラス人材、フリーターNG
特徴
リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員性転職エージェント
長所
ヘッドハンターを選べる点と、ヘッドハンターからの連絡を待つだけでOK
短所
ヘッドハンター任せのサービスが苦手な人には抵抗があるかも?

年収600万円以上からの求人、転職者の平均年収も800万円を超えています。年収1,000万円の世界が見えてくる転職が望める転職エージェントです。
ヘッドハンターによる非公開求人先からのスカウトを待つだけですので、忙しい人、転職を急がない人などはこのサービスは向いていると思います。

無料登録はこちら

パソナキャリア

パソナキャリア

対象世代
特になし
特徴
業界TOPクラスの取引実績企業【16,000社以上】
長所
幅広いニーズに応えられる求人を自分で探せる。
短所
転職エージェントではなく求人サイト。転職エージェントの紹介は可能。

転職エージェントに任せっぱなしにしたくない。自分で転職先を探し、出来れば相談も受けたい。こういう人にはパソナキャリアがおすすめです。転職ニーズは人それぞれですから、幅広い求人件数を自分で検索したい人には強くおすすめします。転職サポートもしっかりしていますし、急ぎの求人をお探しの方には適したサービスです。
無料登録はこちら

編集長MR.お~!から転職エージェント活用の心得え

  • 転職エージェントは一つに絞らずに複数の転職エージェントを利用すること!!
  • 労働条件や業種、職種、年収など希望をまとめておくこと!!
  • 転職完了まで通常3~6カ月程度かかることを理解しておくこと!!

ご自身のキャリアを見直したい方や今の職場の環境や労働条件にご不満ある方、また転職にご興味ある方、まずは転職のプロに無料相談してみましょう。

おすすめ関連記事