転職に興味をお持ちの方へ☆MR.お〜!がお届けする転職サポートメディア☆☆

口コミや評判もありますが…編集長から見たレバテックキャリアの活用法

転職のプロ集団たち

転職のプロ集団でもある転職エージェント各社を解説するサイトが沢山あります。それぞれ良い面悪い面をとらえて掲載していますが、こちらのページでは編集長のMr.お~!の取材能力プラス経験を加え、転職エージェント会社の活用法として紹介させていただきます。

今回はITエンジニア・デザイナーの転職に特化したレバテックキャリアの活用法について解説いたします。

レバテックキャリアの特徴と欲しがる人材の本質

先に説明しますが、レバテックキャリアは業界特化型の転職エージェントです。大まかに分けて転職エージェントのカラーを解説してみたいと思います。

  1. 幅広い業種に対応した総合型
  2. 年齢を絞った年齢特化型
  3. 女性にターゲットを絞った女性特化型
  4. 未経験業界やフリーター特化型
  5. 業界特化型

大きく分けて5種類の転職エージェントが存在しています。自分が働きたい業界に特化した転職エージェントがある場合は、登録してカウンセリングだけでも受けておくべきでしょう。今回はIT業界のエンジニア・デザイナーの転職に特化したレバテックキャリアが欲しがる人材について解説いたします。

その1:業界経験者

IT業界はそもそも人手不足です。そして若い人材を欲しがっています。ある一定の年齢になってからこの業界に転職するのはほぼ不可能。仮に採用されたとしても、よほど眠っていた才能でもなければついていくことは出来ません。

業界経験者であれば引く手あまたとまではいいませんが、転職して年収UPを成功させるチャンスは大いにあります。自分に合った職場を探すまで多少転職を繰り返してもいいのではと私は思います。

その2:未経験なら若さとやる気が重要

40代になってこの業界に身を置いて働くのは無謀です。私もフリーランスとして多少のスキルはありますが、社員として若い人と同じ現場作業は出来ませんでした。(実際依頼を受けて一定期間働いた経験があります)

未経験でも若さとやる気、向上心など企業側が期待できる人材として認められれば十分チャンスはあります。レバテックキャリアのような転職エージェントのサポートを受けて転職に挑戦すれば、未経験でもチャンスはあると思って下さい。

その3:首都圏勤務が理想

IT業界の本社機能は、大手になればなるほど大都市圏に絞られてしまいます。どこの会社とは言いませんが、都心の一等地のステキなビルにオフィスを構えているところが多くあります。郊外及び地方都市になると、おのずと下請け型の中小企業になります。

大手IT企業への転職を考える場合は、都心部への勤務と考えるのが良いでしょう。郊外または地方勤務で大手IT企業への転職を考えるのは、選択肢としては正しくないと思います。

この点を分かったうえで「経験者が大手企業への転職を狙う」のであれば、レバテックキャリアのサポートは、あなたの転職を成功させるうえで役立ってくるはずです。

レバテックキャリアの長所

ITエンジニア・デザイナーの転職を望むなら登録すべき

私は広告業界が長く、今もマスメディアに身を置く一人です。転職を考えて活動していた時期には、業界特化型の転職エージェントに登録していました。でもこの会社の対応は正直おすすめ出来ません。

私の経験はさておき、IT業界の転職に特化したレバテックキャリアは、その業界に転職を考えるのなら登録しておくべき転職エージェントです。

アドバイザーの専門性の高さ

やはりアドバイザーの専門性の高さと対応の速さには一定の評価があります。総合型や年齢特化型の転職エージェントにはない「業界に特化した情報収集力」は、大きな武器になるはずです。IT業界への転職を考えるのであれば、登録しておくべきだと思います。

レバテックキャリアの短所

求人企業が都心に集中

転職エージェントを使う上で、やはり求人対応エリアは重要になります。調べたところ、関東1都3県+大阪+福岡と、案件そのものが都心部に偏っています。業界そのものがこのエリアに偏っていますから、転職エージェントも偏ってしまうのは避けられません。

ただよく考えてみましょう。IT業界の良さは福利厚生にあります。特に近年は住宅手当など、社員の通勤環境に対する配慮はどの業界よりも素晴らしいと思います。

私は都内のある大都市の住宅街に住んでいますが、新築の立派なワンルームマンションに入居する若者の多くは、IT関連企業に勤務する若者です。家賃相場は10万円前後ですが、会社の福利厚生の一環で、本人負担は3万円程度の人が多いのもこの業界の特徴です。

転職と同時に移転を迫られるようなケースの場合は、住宅手当などの福利厚生面に着目するのも一つの方法だと思います。

未経験の場合はやる気とビジョンが重要

IT業界未経験の人よりは、経験者の方がやはり優遇されます。特にIT業界は即戦力を欲する業界の一つです。そのような業界の習慣から未経験者の転職としてはハードルが高いのも事実だと思います。

この状況を覆せるのが「若さ」「やる気」「ビジョン」などになってきます。IT業界は中長期的に見ても大幅な落ち込みが心配されない業種です。思い切ってこの業界に転職してみたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

そう言う人ほど、一人で考えて転職すれば失敗するものです。専門性の高い転職エージェントを使い、対策を練りながら未経験からIT企業への転職にチャレンジすれば成功する可能性は一気に高まります。

レバテックキャリアの口コミや評判を分析

勤務地によっては紹介先に難点あり

口コミを見ていると中小企業ばかりを紹介されたという内容が散見していました。そもそもこの業界の構図は分かりやすく、大手に勤務したいなら都市部、郊外や地方都市を希望するとどうしても下請け的立場の中小企業になってしまいます。

この点を理解しないで転職エージェントに相談しても、大手企業への紹介案件そのものがないという結果で終わってしまうのです。

内定が取れても辞退者が多いその理由とは

  • 4社内定が取れたけど辞退した。
  • 1社内定が出たけど辞退した。
  • 辞退したら担当者の態度が悪くなり紹介もなくなった。

こんな内容の口コミを見ましたが、辞退すれば転職エージェントの担当者も気分は悪いです。だからと言って担当者の機嫌を損ねたくないから転職するというのも本質から外れた話です。

内定が取れてもあとから分かることもあるわけですから、無理に転職しないで辞退する勇気を持つことも必要です。特にこの業界の場合、中小企業クラスは残業が多い会社もありますから。

紹介を受けた時に残業時間や離職率などを担当者に質問し、納得できる説明がなければ面接する前に辞退する方がお互いにとって良いことだと思います。辞退者が多いその理由は、紹介を受ける段階での質問内容に問題があるのではないかと思います。

口コミだけではすべての情報は読み取れません。投稿内容の裏側にある本質を見抜くのは難しいとは思いますが、自分が働く会社になる所です。疑問をできる限り解消してから面接を受けに行くべきでしょう。

まとめ

冒頭でも申し上げましたが、自分のやりたい業界に特化した転職エージェントがあるのなら、登録してカウンセリングは受けておくべきです。もちろんそこだけに頼るのは危険です。担当者次第であなたの運命も変わってしまう可能性があります。

私としては業界特化型+総合型の転職エージェントを併用して、客観的な目線で自分の転職先を探す努力も必要だと思います。

編集長から見た幅広い世代を対象にしたエンジニアの転職におすすめの転職エージェント

TechClips(テッククリップス)エージェント

TechClips(テッククリップス)エージェント

対象世代
経験者を中心とした20代、30代、40代以上

    

対象エリア
一都三県
対象者属性
未経験NG、フリーターNG、女性OK
特徴
ITエンジニアに特化した転職エージェント
長所
高収入・好待遇に特化し年収は500万円以上の企業を紹介
短所
首都圏に限定した求人(東京・神奈川・千葉・埼玉)

企業と求職者のマッチング形式に独自方式を取り入れ、ミスマッチが少ないといわれているのも特徴の一つです。高収入案件が多いのも長所の一つに挙げられますが、首都圏に特化し、しかもITエンジニア特化に限定すれば、高収入案件は自ずと首都圏中心になります。

無料登録はこちら

ビズリーチ IT

ビズリーチ IT

対象世代
実力に自信があればOK
特徴
ヘッドハンターによる高収入転職を強みとしている転職エージェント
長所
高収入転職実績では転職エージェントTOPクラス
短所
利用は有料。登録は無料。

高収入転職では実績は断トツと言って良いビズリーチのIT特化型部門。ヘッドハンターの専門性には他の特化型と比較し不安視する面はありますが、それ以上に企業に入り込むヘッドハンターの実力は頼もしいです。キャリアアップを目指す人必須のエージェントです。

無料登録はこちら

レバテックキャリア

レバテックキャリア

対象世代
幅広い世代に対応
特徴
キャリアアップを目指す人向けの転職エージェント
長所
正社員や派遣、フリーランスなど豊富な案件と手厚いサポート
短所
関東首都圏・関西・九州と求人案件エリアが都市部に集中

IT業界への転職はどうしても都市部に集中しがちです。その点は他の同業転職エージェントと大きな差はないのですが、レバテックキャリアの強みは担当者の質の高さです。フリーランス案件も多く扱っているので独立を考えている人にもおすすめです。

利用停止中

DODA エンジニア IT

DODA エンジニア IT

対象世代
幅広い年齢層
特徴
転職サービス大手DODAのITエンジニア特化型転職エージェント
長所
求人案件数はTOPクラス/転職のプロ2人がサポート
短所
求人の質が心配

求人案件の多さが強みのDODAのITエンジニア特化型の転職エージェントです。求人案件は多くなると質が下がる自然現象もみられますが、酷評は極めて少ない状態。強みは2人の転職のプロがあなたの転職をサポートしてくれる点は心強さを感じます。

無料登録はこちら

編集長から見た業界特化型以外で登録しておくべきおすすめの転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

対象世代
20代、30代、第二新卒、初めての正社員、未経験業界
特徴
20代~30代前半の世代に実績及び知名度が高い転職エージェント
長所
老舗転職エージェントとは違い、若い世代に特化した実績を持つ。
短所
ターゲット世代の人にとっては、特に短所は見当たらない。

20代に信頼されている転職エージェントNo.1ですから、20代で転職を考えている人は「とりあえずマイナビエージェントには登録」とお伝えしておきます。ベンチャー企業、中小企業も含め求人情報も豊富です。サービスの質も高評価を得ています。

利用停止中

リクルートエージェント

リクルートエージェント

対象世代
20代、30代、40代、50代と幅広い世代の転職をカバー
特徴
転職エージェントの老舗。実績の高さは高評価出来る点
長所
求人数、実績、企業側への対応力など
短所
昔から言われる企業体質(担当者の強引な一面)

リクルーツエージェントにお任せすれば安心。そう言い切っても良い転職エージェントです。企業規模、歴史と積み上げてきた実績は求職者だけでなく求人企業側からも一目置かれている転職エージェントです。ここは登録しておくべきでしょう。

利用停止中

doda(デューダ)

DODA(デューダ)

対象世代
20代、30代の利用が中心。
対象エリア
全国
対象者属性
未経験OK
特徴
国内では最大級の転職エージェント
長所
非公開求人をはじめ、求人数が圧倒的
短所
多くの求人企業が紹介される分、質の問題も指摘されている。

dodaする=転職する。そう言われていた時代もありました。転職サービスを提供してきた企業の歴史は長く、その実績からも求人企業掲載件数は業界TOPクラスと言ってもよいでしょう。求人数が多い反面、専門性の指摘もありますが担当者の評判も上々です。

無料登録はこちら

編集長MR.お~!から転職エージェント活用の心得え

  • 転職エージェントは一つに絞らずに複数の転職エージェントを利用すること!!
  • 労働条件や業種、職種、年収など希望をまとめておくこと!!
  • 転職完了まで通常3~6カ月程度かかることを理解しておくこと!!

ご自身のキャリアを見直したい方や今の職場の環境や労働条件にご不満ある方、また転職にご興味ある方、まずは転職のプロに無料相談してみましょう。

おすすめ関連記事